満足のいく住まい探し【自分好みの不動産物件を探そう】

このエントリーをはてなブックマークに追加

敷居が高そう

スーツの男性

どこまでが無料か

家を大阪で建築するときに自分でいろいろと勉強したり、友人や知人に話を聞いたりして参考にします。ですが専門的なことはやはり専門家に聞いておきたいというのが普通です。建築設計事務所は家を建築することの専門家であり、相談をする相手としては頼もしい存在になっていますが、建築士に相談するとお金を徴収されるのではないか、相談に行くと依頼しなければいけなくなってしまうのではないかなどという不安が、頭をよぎってきます。このようなイメージが建築設計事務所の敷居の高さにつながっています。良心的な大阪の設計事務所であれば、ちょっとした相談で料金を取ることはありません。家づくり全般や設計料の相談であれば無料で行ってくれます。どこから料金が発生してくるのかは、大阪の建築設計事務所にいる建築士によって考え方が違ってきますので、相談に設計事務所を訪れた時にどこから有料になるのかを聞いておいて、有料になるときにはいってもらうようにしてください。丁寧に説明してくれます。有料、無料の線引きをあいまいにしたりいい加減な説明しかしてくれない大阪の設計事務所では、相談を中止するのが賢明です。どこまでが相談が無料であるかは相談者との出会いの形によっても違ってきます。相談する人が親戚や知人、友人あるいはその紹介者などであれば相談をする人の事情が前もって把握できていますので、はじめから有料とは考えません。初対面で一般的な事前計画段階の相談や、建築関係の法律手続きに関する相談は無料になっています。